ひさおがおススメする映画10選。第一弾。




こんにちは。映画評論家のひさおです。

 

映画評論家ってどうやってなるんでしょうね。

 

ググってみたところ、映画業界やイベント業界にコネのある方がなりやすい?なっているみたいです。

 

ひさおブログで映画のこと書き続けて発信したらいけるんじゃないかそれ。

 

WBS(ワールド・ビジネス・サテライト)にも出れたし。

 

映画好きですからね。私。ただあんまり映画館には行かず、最近はもっぱらアマゾンプライムですが。

 

 

アマゾンプライムはマジでお得です。最近年会費が1,000円値上がり、4,900円になっちゃいましたが(それでも月408円)
配達料は無料だし、何よりamazonprimeビデオが素敵です。コンテンツ豊富だし。ぜひ入りましょう。

 

さあ、登録はこちらから↓↓↓

 

 

 

で、プライム会員なったら、firestickTVを必ず買いましょう。TVに差してwifiと繋げるだけです。私はNECのポケットwifi使ってますがそれでも十分画質キレイです。

 

さあ、購入はこちらから↓↓

 

 

よし、アフィリエイトリンクもたくさん貼ったし、そろそろオススメ映画の話しします。

 

10選じゃ収まらないので、この記事をシリーズ化してたくさんの映画をオススメしますね。

 

ショーシャンクの空に

 

【あらすじ】

冤罪で刑務所に収監された有能銀行員が主人公です。刑務所映画にありがちですが、服役者は屈強な男達(そしてゲイもいるのでその行為を強制されたり・・・)で、主人公は正反対な人種のため、いじめられます。。それがまあひどい。つらたんです。そんな悪い男達の中にもいいやつがいて(モーガン・フリーマン)、友情をはぐくんでいきます。元々は有能な銀行員なので、その能力が刑務官に認められ、一目置かれる存在になります。そしてラストは・・・

 

【ひさおの感想】

映画評論家ひさお
ヒューマン・ドラマが好きなひさおにはドツボな映画ですね。刑務所映画も結構好きなんで(プリズン・ブレイクなど)。どんな立場になってもあきらめない主人公の冷静さ、頭の切れるところ、モーガン・フリーマンのいいやつ感がとてもいいです。上映時間2時間22分があっという間です。観るべきですね。観てない人はアホですね。

 

 

 

 

インターステラー

【あらすじ】
こちらはSF映画になります。近未来の時代設定です。どうでしょう2100年ぐらいにしておきましょうか。地球は異常気象(雨が降らない、やたら砂嵐が起こる)食料危機に陥っており、もう地球に住むことはできない。。。といった状態に。そこで第二の地球探しに選ばれるのが元NASAの宇宙飛行士である主人公です。既に何年も前に先陣が第二の地球候補へ旅立っており、先陣達は第二の地球候補に着いて、そこが第二の地球に適切な惑星だと判断したら、地球へ信号を出すのです。「ここはいけるぞ。だから俺を迎えにきてくれ」と。しかし宇宙船のトラブルやら燃料の都合もあり、主人公達が行ける星は限られます。そこで選択した惑星は果たして・・そして第二の地球を見つけることができるのか、って感じです。

 

 

【ひさおの感想】

映画評論家ひさお
そもそおひさおは宇宙が好きなんで、その時点でツボです。この映画のいいところは親と子、彼氏を思う彼女、といったヒューマンドラマもさることながら、宇宙を想像できるところが最高なんです。ブラックホールについて細かい話であったり、5次元だったり、難しいこと言ってるんですが何となく理解できます。そこがいいんです。リアリティがあっていいんです。そして、重要な役なんですがチョイ役?でマット・デイモンが出てくるところがいいんです。これは観ていただければわかると思います。「おい、世界のマットを贅沢に使ったな!」と思うはずです。いやー観てほしい。すぐ観てほしい。今観て。

 

 

 

 

鑑定士と顔のない依頼人

【あらすじ】
こちらは一応恋愛ものですかね。難しいな。ミステリーな要素も含んでます。一流の美術鑑定士であるおじいちゃんが主人公です。シャイなおじいちゃんなのでこれまで女性と付き合ったことがないんですが、女性は好きなので、美女の絵画を集めて、自宅の秘密の部屋にコレクションをしています。そんなおじいちゃんの元に、大豪邸に住む若い美女から鑑定の依頼が入ります。ただしその美女は人が苦手で決して顔を見せない依頼人。ただ、回数を重ねることでおじいちゃんと美女が仲良くなり、顔を見せてくれるようになります。そして美女の大豪邸の美術品を鑑定していくのですが、そのうち二人は惹かれ合い・・・しかし!なんと!って感じです。

 

 

【ひさおの感想】

映画評論家ひさお
主人公のおじいちゃんのキャラがいいんですよ。一流の鑑定士のくせに、落札者を買収して安くで落札させてそれを自分のものにしたり、転売したり。そして女好きのくせに、実物の女は口説けないので美女の絵画をコレクションしてたり。おじいちゃんのちょっと悪な部分と男を見せる部分がいいですね。そして肝心の美女が可愛い。初めはタイトルの通り顔は見せてくれないんですが、ちゃんと後から顔出してくれますよ。と、色々言いましたが、この作品の一番はラストシーンです。まじで。最高です。私は頭真っ白になりました。はい。観ましょうね。

 

 

 

 

バック・トゥーザ・フューチャー

【あらすじ】
スーパー名作なんであらすじいりますかね。一応話すと、主人公は高校生です。彼と仲良しの科学者がタイムマシンを開発し、その実験のためにスーパーマーケットの駐車場に向かいます。しかしそこでタイムマシンの燃料であるプルトニウムを入手した先(科学者はある組織を騙してプルトニウムを手に入れてました)の組織が騙されたことに気づき、科学者を射殺します。主人公である高校生はそこから逃れるためタイムマシン(と言っても一見ちょっとしたスポーツカー)に乗り込むのですが、誤ってタイムマシンの起動装置を入れてしまい、過去へタイムスリップしてしまいます。過去に戻ることで?そうですね。殺された化学者を救うことができますね!そこからがストーリーの始まりです。

 

 

【ひさおの感想】

映画評論家ひさお
小さい頃から何度も観てますが、大人になって観るとより面白いです。ガキの頃は初めのシーンでギター爆音で鳴らして吹っ飛ぶところとか、ライバルのガキ大将から逃げるところを面白がってたりしましたが、大人になってみるとSF映画として上手く出来てんなーと思います。SFの要素もあり、恋愛もあり、家族愛(ちょっと)もあり、全てが楽しめる映画です。大人になって観てないなSFーというそこの貴方。観てください。惚れ直しますよ。

 

 

 

 

GO

【あらすじ】
在日朝鮮人の高校生が主人公(窪塚洋介)です。在日であることでの苦しみ・葛藤を描いた一応青春ラブストーリーです。しまった。あらすじまとめすぎた。。。だからもう書かない。あとは感想で補足します。

 

 

【ひさおの感想】

映画評論家ひさお
もうこれに尽きるんですが、窪塚さんの演技力、以上。って言ってもいいですね。彼以外にこの役を演じられるのでしょうか。すごい存在感です。在日であることでいじめられるんですが、お父さんが元ボクサーで小さい頃から主人公もトレーニングしてるので、ケンカめっちゃ強いです。でありがちのケンカ強いやつは、強いやつに認められるみたいな。それがヤクザの息子ですっかり仲良くなります。そのヤクザの息子のパーティーで知り合うことになる彼女(柴崎コウ)がめっちゃ可愛いです。もう何が言いたいかわからなくなったので、まとめると、窪塚すごい・柴崎コウ可愛い。ってことです。これだけでも観る価値は十分にあります。はい、観て。

 

 

 

 

ディパーテッド

【あらすじ】
刑事ドラマアクションです。警察に潜入するマフィア(マット・デイモン)、マフィアに潜入する警察(ディカプリオ)それぞれの目的を果たすため、仕事をこなしていくうちに、二人の存在が明らかになります。正体を見破るための攻防戦、潜入していることを他人には言えない孤独感、大事な存在にも本当のことを言えない辛さ。。とても良く描かれています。原作は韓国映画「インファナル・アフェア」です。ひさおはディパーテッドで大満足してしまったので観てないです。

 

 

【ひさおの感想】

映画評論家ひさお
マット・デイモンとディカプリオが出てる時点で観なさいよって感じです。すみません、、忘れてました。ジャック・ニコルソンも出てます。マフィアの親分役です。ばっちりですな。潜入捜査官をテーマにした映画はたくさんありますが、両方への潜入(警察に潜入したマフィア、マフィアに潜入した警察)を描いた作品は少ないかと。主人公が二人なのでスリリングな展開も二倍楽しめます。そしてこの作品もラストが素晴らしいんです。ひさおはラストに弱いかも。さあ観て!今観て!すぐ!はい!

 

 

 

 

ザ・ビーチ

【あらすじ】
ジャンルは青春映画?冒険映画?って感じ。主人公(ディカプリオ)は東南アジアを旅している時に、ボロボロの簡易宿で出会ったヤク中から「ビーチ」の存在を知ります。人里離れたその島は美しい海に囲まれ、限られた人にしか住むことを許されない秘密の島。それを知った主人公は、島を目指し、辿り着くとそこには・・そして島での生活とは・・・最後は・・・って感じです。

 

 

【ひさおの感想】

映画評論家ひさお
ひさおはディカプリオが好きなので、その時点でこの作品は好きです。(ただタイタニックはちゃんと観たことない)この作品の一番の良いところは冒険心をくすぐられる部分ですね。男は好きじゃないでしょうか。秘密の島、綺麗なビーチ、そして美女、これらが揃っています。主人公の冒険心が共有できるワクワクする作品です。ただし後半は結構ドロドロですが笑。それもまたいいでしょう。はい観ますね。観ましょうね。

 

 

 

 

セブン

【あらすじ】
サスペンスです。謎の連続殺人犯を追う、若手捜査官ブラッド・ピット、ベテラン捜査官モーガン・フリーマンが主人公。連続殺人を調査していると死体にはある共通点が。そこから7人が殺人されることを知った主人公達は、犯人捜しに奔走します。若く血気盛んなブラッド・ピット、定年間近のモーガン・フリーマンのコンビがいい味出してます。そして・・・はい。もうそろそろ展開読めてきますね。ラストがいいんです。

 

 

【ひさおの感想】

映画評論家ひさお
サスペンスも結構好きなんです私。この映画を初めて見た時は衝撃のラストで、しばらくぼーっとしてました。連続殺人犯がほんとやなヤツなんです。頭いいし。冷静だし。血気盛んな若手捜査官のブラピがかなり惑わされます。そんなブラピを支える?モーガン・フリーマンもいい感じです。観るぺき。結構グロいシーンあるけど観るべき。

 

 

 

 

ファイトクラブ

【あらすじ】
そこそこいい収入もらい、仕事もできるサラリーマンの主人公。自宅には趣味を集めた綺麗なマンションに住んで何不自由ない生活をしている中、自宅が爆発。帰る場所を見失った主人公はバーで一人の男と出会う(ブラピ)。その男から紹介され夜な夜な地下で行われる「ファイト・クラブ」※素手で殴り合うストリート・ファイト、に参加することに。そこでのファイトを通じて主人公が変貌していきます。

 

 

【ひさおの感想】

映画評論家ひさお
ジャンルでいうとミステリーに近いでしょうか。順風満帆な主人公がどんどん変わっていく姿が面白いです。そして色んなシーンに伏線があります。終盤で全て種明かしがあるのですが、私はほとんど気付いていませんでした笑。あとはブラピのカッコよさですね。イカれたとても男臭い役でハマってます。一見ただのアクション映画と勘違いしますが、全然です。ミステリーとひさおが説明した理由もご覧いただければわかると思います。さあ、観て。

 

 

ミッション・イン・ポッシブル

【あらすじ】
不可能なミッションを実現する男、秘密諜報組織のイーサン・ハント(トム・クルーズ)が、次々と難題をクリアしていく、爽快スパイアクションです。こんな感じで大体わかりますよね。

 

 

【ひさおの感想】

映画評論家ひさお
こちらも名作ですね。シリーズ化され6作品も上映されています。これ観てない人は映画に一切興味がないのでしょう。ひさお的には007を超えるスパイアクション映画だと思います。トム・クルーズのアクション、様々な武器やアイテム、そして美女と飽きさせません。6作品もあるので、ある程度は展開が読めますが、それでも次のシーンが気になりワクワクが止まりません。まだまだシリーズを継続してほしいです。ちなみにトム・クルーズは56才です!すご!もうちょい頑張ってほしい!そんで007のように、次のイーサン・ハントにバトンタッチしてほしいです。はい、観ますねこれは。

 

 

以上!10作品でした!

ちょうどGWだし、1日1本観るのはいかがでしょう!

ではでは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です