インスタストーリー経由のブログアクセスについて検証してみた





 

 

 

どうもどうも。ひさおです。

私はこのひさおブログを約3年近くやっております。早いもんです。

書いてる以上、多くの方に読んでもらいたいので、SEO以外に各SNSで色々と拡散を試みております。

 

【twitter】
良かったらフォローしてね。
↓↓↓
https://twitter.com/hiaocompany
※アカウント名をhisaocompanyにしたつもりが、hiaoになってるのに最近気づいた。ダサすぎる。

→普段はほとんどやってません。有名なブロガーはやってる人多いですね。twitterはなんかキモイんですね。世界観が。とか言って最近はめっちゃ見てますけど。ただね、なんかキモい。匿名でやってる人が多いせいか、言いたい放題というか。元々「つぶやき」だからそういうSNSなんでしょう。だったら見るな。って言われたら何も言えないので、ひとまずこの辺にしておきます。ただ拡散効果はどのSNSよりも強いと思いまっせ。だからやってるんでっせ。しかしひさおブログへの流入はあんまりないでっせ。

 

 

 

【facebook】
お気軽に友達申請してね。
https://www.facebook.com/takahisa.arakaki

→7~8年やってます。リアルな友達がほとんどで、大体会ったことある人ばかりです。ひさおブログは顔出ししてるので、こちらでも、ガンガンブログの宣伝しております。元々変なやつと思われてるはずなので、多分あいつならブログやりかねないな・・・ぐらいで皆様に温かく見守っていただいております。おかげでブログへの流入もかなり多いです。ただし最近はfacebookを見ない人が増えてきたこともあり、反応は鈍くなってきています。facebook好きだけどなー。でも結局たくさんの人が見てくれるSNSを使いたくなるのが、ユーザー心理ですよね。かくいう私も最近はインスタの投稿が多いです。

 

 

 

【Instagram】
お気軽にフォローしてね。
https://www.instagram.com/hisaocompany/

→2~3年前のインスタ映えから火が付き、今や大人気ですね。ピークは過ぎたかな?ただ、まだまだユーザーは増えるんじゃないですかね。やっぱね、皆見てますよインスタ。反応がとてもいいですもん。最近はインスタでも特にストーリーですね。強いです。私のフォロワーも投稿よりストーリーにUPする人が増えました。初めは24時間で消える投稿ってなんなん?意味あるん?スナップチャットのパクリやん。って思ってましたけど、まぁ流行りましたね。見事にスナップチャットを喰いました。「今何してるか」、がこんなに人の興味を引くんですね。見事な戦略ですわ。

 

 

さて、余談が過ぎました。

 

本題である、インスタのストーリーを使って、ブログへどれだけ誘導できたか。結果発表です。

ちなみに私の誘導の方法ですが、

ブログの記事更新

インスタのプロフィールに記事のURLを入れる

ストーリで告知。プロフィールに記事のURLがあることを伝え、プロフィールへのリンクになるスタンプ(@hisaocompanyと入れる)を設置

プロフィールから記事へアクセス

 

 

です。フォロワーが1万人を超えると、ストーリーに直接リンクが貼れるようです。広告でよく見ますが、下から上にスワイプしたらリンク先へ移動するというやつです。これやりたい。

 

参考は広告の画像ですが、こんな感じです。下のほうに「↑詳しくはこちら」ってありますね。ただこれスワイプアップすると、iPhone6sの場合、スマホのメニュー立ち上がってなかなかリンク先へ行けないのは俺だけか。



 

 

 

私の実際のストーリーはこんな感じ。


 

 

 

そして、結果はこちら。ようわからんのだけど、スタンプタップしてる人は記事のURLにアクセスしてるだろうという見込みにしてます。楽観的計測。

※フォロワー数は500人程度です。

 

ストーリーを見た人数:150

スタンプをタップした人数:15

スタンプタップ率:10%



 

 

ストーリーを見た人数:176

スタンプをタップした人数:24

スタンプタップ率:13.6%



 

 

ストーリーを見た人数:181

スタンプをタップした人数:19

スタンプタップ率:10.4%



 

 

ざっと大体10%はタップしてますね。

 

 

 

 

では結論です。ここテストに出ますよ。

 

インスタストーリーでブログ告知をするとフォロワーの4%はアクセスしている

 

※フォロワー500人→20人がアクセス

※フォロワー1000人→40人がアクセス

と覚えましょう。

 

 

以上です。大手広告代理店の皆さん、どうぞこの数字を使ってクライアントへ提案してくださいね(^-^)

 

 

また会いましょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です