勘とはほとんどが経験に基づいている。と思った今日この頃です。




こんにちは。ひさおです。

最近電車内で作業服を着た若い女の子の集団を見かけました。

そこで私はこう感じました。

 

ひさお
職人志望の女子か?いやそんな雰囲気は感じられない。だってネイルしてるし、メイクばっちりだし。ははぁーん、わかったぞ。不動産の営業職だけど、新人研修で建設現場行くんだな。

 

ズバリその通りで、よく見たら作業服に某戸建デベロッパーのロゴが入ってて、研修内容の話題が聞こえてきました。

俺の勘は当たるからなー(^-^)

とニヤついてると、ふと思いました。

 

 

なぜ俺はそう思ったのか。

 

 

そこでよく考えてみると、過去に同じ状況を経験してました。

私は前職土地活用の営業マンでして、土地を持ってる人にアパート、マンション建てませんか営業をしてました。その新卒当時の研修で作業服を着て建設現場に行ってたんです。

※土地活用営業時代の話はブログに書こうと思います。全く契約が取れませんでした・・・

そう、勘ではなくて、それは 過去の経験から得た知識 だったんです。

 つまり勘が鋭い人=経験が豊富 

という図式が当てはまります(ひさおの自論ね)

 

 

では勘が鋭くなるとどうなりますか?

 

そうですね。 失敗が減ります。 

 

失敗することはいいことってよく言いますね。それは経験できるからです。知識が増えるからです。そして次同じ失敗をしないように勘を働かせて決断していく。そして素敵な人生を歩む。

 

 

 

 

うむ。

 

 

 

 

何が言いたいかわからなくなった。

 

 

 

 

つまり

 

 

勘は元々備わっている能力じゃなくて、経験によって研ぎ澄まされていくから

 

 

無駄なことなんてないんだぜ。だから失敗を恐れず行動しようぜ。

 

 

ってようわからん自己啓発系で締めたいと思います。

 

 

ジム行ってきます。

 

 

ではまた明日!

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です