下請け・孫請け営業の悩み。見積もり後値下げするべきか?無料で対応するべきか問題


こんにちは。Web制作会社でプロデューサーやってます。

ひさおです。

 

私はWebサイトの企画提案・見積もり・受注後の進行管理・納品後のフォローなど

担当しております。

 

 

クライアントの比率はこんな感じ。

広告代理店・プロモーション屋・ブランディング屋・同じようなWeb屋からの受注:9割

小売り・メーカー・不動産・その他法人からの受注:1割

 

 

なので、広告代理店などの下請けや孫請けになることがほとんどです。

 

 

そこで見積もり提出後に頻繁に出てくるキーワードがこちら。

 

・予算が決まってるので〇〇万円に収まりませんか?
→いやいや・・じゃあせめて見積もり前に言ってよ。見積もりの意味ねーじゃん。

・軽微な追加や修正なので、費用なしでできませんか?
→ふざけんな。俺達はそれでメシ食ってんだよ!タダ働きなんてできるかハゲ!


・見積もりが高いので自社でやろうと思います。どのファイルをどうやって変更すればいいですか?
→おいコラ。しばくぞ。車の修理頼んで高かったから自分で修理するってか。修理屋が無料で修理箇所と修理方法教えてくれるか?
 商売なんねーよ!

 

ついつい心の声が漏れちゃいました。見なかったことにしてください。

 

これらの対応悩みますよね。

 

薄利になっても請けるべきか。

無料でも対応すべきか。

 

 

結論から言います。

 

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

請けましょう!!!

 

はい!よろこんで!

 

居酒屋の店員並みに元気よく請けましょう!

 

受託は請けてナンボです!

 

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

 

 

ただし、下記が条件です。

 

今後も仕事を振ってくれそうか

 

 

下記を検討材料にするとよいです。

 

→会社の規模や得意分野、自社との相性が合う(例えば得意分野が同じファッション領域とか)

→クライアントの担当はいいヤツか。色々と相談ができそうか。してくれそうか。

→社長や上層部と繋がれそうか。

→旬な商材やこれから利用が増えそうなサービスを提供しているか。

 

 

これらの判断材料を元に、良質な顧客を掴んでいく。

 

答えがないので難しい判断です。人間力が試されます。

 

そう。これこそが営業の醍醐味だと思います。

 

いずれはAIに奪われるかもしれませんが、営業は人対人の仕事が多いです。

 

まだまだAIに負けるわけにはいきません。

 

営業の皆さん頑張りましょう。良質な顧客をGETして売上たくさん上げて、祝杯をあげようではありませんか。

 

 

ひさおも頑張ります。

 

 

 

 

 

いや俺が一番頑張れよ。

 

ではまた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です