元高校球児が語る。コロナによる甲子園、夏の大会の中止について


こんにちは!早起きしてジム行ってカフェでモーニング!

 

これで幸福度上がりますよ。どうもひさおです。

 

さて本日のテーマは

 

高校野球です。

 

 

2020年は春・夏の大会ともにコロナの影響で中止になっちゃいました。

 

最後の年となる3年生達はとても悔しいでしょう。

 

※もちろん高校野球だけでなく、インターハイも中止です。彼らも相当悔しいことでしょう

 

 

ひさおはこう見えて小中高と野球漬けで、当時は甲子園を目指した元高校球児なんです。

 

強豪校ではなかったので、そこそこやってる程度でしたが

もし今と同じ境遇の置かれると、悔しい?呆然?といった感情に襲われていたでしょう。

自分達の手ではどうしようもないから。

 

ましてや強豪校の連中は死ぬほど練習したのに・・・コロナが憎い。

 

一応お伝えしておくと

 

ひさおの最後の夏は一回戦負け。

 

つらたん。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takahisa(@hisaocompany)がシェアした投稿

 

 

中止という判断について

 

私は賛成です。

 

若者の感染者・死亡者が少ないと言えど、もし一人でも死者が出たら大問題です。

 

高野連解体どころか訴えられるでしょう。

 

また、まだ未知数であるコロナのことを考えると中止は仕方かと。

 

インターハイも中止だしね。

 

これで高校野球だけやっちゃうと、不公平だ!つって怒られちゃうし。

 

 

 

今後の施策について

 

各地方が主導となって動き出しています。

 

甲子園大会はないけど、代替え大会として県大会を行うようです。

 

私の地元沖縄県では下記の大会実施が決まっています。

 

 

 

大会名:2020年沖縄県高等学校野球夏季大会

期日:令和2年7月4日(土)~8月2日(日)

会場:沖縄セルラースタジアム那覇

   コザしんきんスタジアム

   Agreスタジアム北谷

   タピックスタジアム名護

開会式:なし


 

下記は特別ルールです。(沖縄県大会の情報です。他県は不明)

 

・大会は全試合無観客試合

→仕方ないとは言え、悲しいのお。大きい球場でたくさんの観客、なによりクラスメイトや同じ高校の友達が見に来てくれるのが楽しみなのに。ただネットでの中継があるかも。とのこと。

 

・試合出場が可能な登録人数を最大60名

→通常は20名(甲子園大会になると18名)なので大盤振る舞いです。3年生は無制限、1~2年生は25名までと、最後の夏となる3年生のための特例です。

ただし、試合当日ベンチ入りできるのは25名まで。(毎試合ベンチ入りメンバーを入れ替えることは可能)となります。

 

これはいいですね!3年生は出場機会を得られやすくなります。

 

規制はあるものの、最後の夏!

 

高校球児の皆さんには思い切りプレーしてもらいたいですね!

 

ちばりよー!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です