沖縄に進出するセブンイレブンはどの企業とタッグを組むのか


こんばんは。コンビニ評論家のひさおです。
私は会社の近くと自宅の近くにファミリーマートがあるので、すっかりファミリーマート派ですが、みなさんいかがですか?

そんなファミリマートが店舗数NO1の沖縄に、遂に・・コンビニ界の雄である

セブンイレブン!!

2018年に進出することが決まりましたね。
しかも300店舗目標とのこと。セブンやべーっす。マジっす。

沖縄のコンビニ数は現状こんな感じです。

ファミリマート:271店舗
ローソン:191店舗

合計:462店舗

ここに+300店舗です。
沖縄はシーサーとコンビニだらけになるでしょう(゜゜)

※2016年3月末現在
※参照http://uub.jp/pdr/m/c.html

ところで、沖縄のコンビニ業界は、沖縄の主要企業が参画していることをご存じでしょうか。

ファミリーマート→りうぼうホールディングス(沖縄唯一の百貨店を経営、スーパーマーケット経営、不動産管理業など)
ローソン→株式会社サンエー(ショッピングセンター、スーパーマーケット経営など)

というように、沖縄の主要企業がフランチャイズや合併会社として参画することで
成り立っています。沖縄は離島なので物流面など一から構築するのは大変ですからね(゜゜)

そこで!気になるのがセブンイレブンがどことタッグを組むか!
ですよね\(^o^)/
いやー非常に興味深いですね!

そこで今回は私の予想を発表します!

1.イオン琉球
皆さんご存じのイオンさんです。ショッピングモール、スーパー(マックスバリュー)と存在感ありますね。
物流網はすでに構築されているし、小売業としてもすでに基盤があるので、タッグを組むには最適なのでは。

2.りゅうせき
沖縄NO1企業です。石油などのエネルギー事業をメインに色々やってます。
物流事業もやっているので、そこは強みでしょう。スーパーなどは多分やってないはずですが、天下のセブンイレブンのノウハウがあればコンビニ事業もありではないでしょうか。

りゅうせきネットワーク

 

 

3.オリオンビール
これ!アリだと思います。小売り事業はやってんのかな・・多分やってないです。
タッグを組んだ際には、店舗に生ビールサーバーを設置して、駐車場はビアガーデンにしてほしいですね。

8月の地元紙では現在タッグ企業を検討中とのことでした。
来年には発表ありそうですね。

予想が当たってたら、、、どや顔で言いふらします。

セブンイレブンが進出することで、ますます沖縄が盛り上がるといいですね(^-^)

※2017年9月追記※
大分遅くなりましたが、タッグを組んだのは「金秀グループ」でした。

金秀グループWebサイト

沖縄でスーパー、ホームセンター、結婚式場などを手掛ける県内の大企業です。

予想はハズレでした、、精進します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です