【2019プロ野球】沖縄出身の選手が多いぞ!まとめてみたぞ!




こんにちは。沖縄出身野球評論家のひさおです。

 

球春到来!プロ野球が開幕し早1ヵ月。TVはほとんど野球とamazonprimeになりました。

 

そんな野球漬けなひさおが好きなチームは巨人です。ある日TVで巨人対DeNA戦を観ており、すごい光景を目にしました。

 

 

ピッチャー:宮国(巨人)

バッター:神里(DeNA)

キャッチャー:大城(巨人)

 

 

このスリーショットです。

全員沖縄出身であることに気が付いてましたか?

これすごくない?チョーすごいと思うんですけどー。マジでー。

人口が少ない沖縄で(って思ってググったら47都道府県中25位だった・・・人口まあまあ多いやん沖縄)

 

小さな島国出身者が、狭き門のプロ野球で、しかも1軍の試合に出ている。それも3人も。

 

一昔前はホークス・ヤクルトで活躍した新垣渚さんぐらいしか、1軍でバリバリ活躍していた選手はいなかったです。(私の記憶の限り)

 

頼もしい後輩達でございます。

 

他にも1軍で活躍している選手がいるので、調べてみました。

 

 

【パリーグ】

パリーグだけで10名。ごいすー。

 

西武ライオンズ:山川選手



 

→今や西武の4番バッターであり、昨年のホームラン王。今ノリにノッてる選手やっさー。

 

 

 

西武ライオンズ:多和田選手



→今や西武のエースであり、昨年の最多勝投手。西武は沖縄フィーバーやっさー。

 

 

 

福岡ソフトバンクホークス:東浜選手


→2017年最多勝。2018年はケガもあり少し調子悪め。今年は既に1勝を記録。エース目指して頑張ってほしいさー。

 

 

 

福岡ソフトバンクホークス:嘉弥真選手


→2017年58試合、2018年67試合に登板し、いずれも防御率は2点台。今年は10試合に登板し、防御率0.00。こちらもノッてる左キラーの中継ぎエースです。でーじやっさー。

 

 

 

オリックスバッファローズ:比嘉選手


→36歳ベテランの中継ぎ投手です。ここ数年はケガもあり登板数が少なくなっておりましたが、2018年は復活。43試合の登板で防御率2.04。今年も期待してるやっさー。

 

 

 

オリックスバッファローズ:大城選手


→守備はどこでも守れるユーティリティープレイヤー。2017年122試合・2018年128試合に出場し、チームに対してなくてはならない選手です。これでバッティングが良くなればスタメン間違いなしですね。頑張ってほしいさー。

 

 

千葉ロッテマリーンズ:大嶺投手


→甲子園を賑わせたドラ1投手。2018年は1軍登板なし、今年はトミージョン手術のため恐らく登板できないでしょう。ぜひリハビリを乗り切って来年2ケタ勝利を目指してほしいです。ちばりよー。

 

 

 

千葉ロッテマリーンズ:伊志嶺選手


→俊足の外野手です。バッティングがもう少し改善されるともっと出場は増えるでしょう。昨年は18試合出場。2019年は花開くシーズンにしてほしいやっさー。

 

 

 

北海道日本ハムファイターズ:上原選手


→190cmの大型左腕です。まだまだ1軍定着とはいえないですが、ポテンシャルは秘めてます。もっと1軍で見たいですね。目指せランディ・ジョンソンやっさー。

 

 

 

楽天イーグルス:島井選手


→ひさおの小・中の後輩です。すげーな。一度育成契約になるも、復活。今年はまだ1試合の出場です。なんとか1軍キープ、そして代走からでも出場を勝ち取ってほしいです。島井ちばりよー。

 

 

 

続いてセリーグ。

【セリーグ】

 

読売ジャイアンツ:宮国選手


→かつては開幕投手を務めたポテンシャル溢れる投手です。ここ数年は中継ぎが続いています。昨年は29試合の登板で防御率1.95の好成績。今年も中継ぎスタートですが、ぜひ先発として頑張ってほしいです。イケメンやっさー。

 

 

 

読売ジャイアンツ:大城選手


→打撃がウリのキャッチャーです。今年の巨人のキャッチャー陣は阿部・炭谷・小林と4人で争う熾烈な状況です。なかなかスタメンとして1シーズン出場することは難しいかもですが、3割10本を目指して頑張ってほしいです。ちばりよー。

 

 

 

中日ドラゴンズ:又吉選手


→中日の中継ぎエースとしてここ数年安定した成績を残しています。(去年打たれ気味だけど)投げ続けることができる頑丈な肉体もプロには必須です。今年も中継ぎエースとして頑張って。ちなみにひさおは又吉からツーベースを打ったことがあります(^-^)(^-^)。同じ中学の後輩です。ちばりよー。

 

 

 

横浜DeNAベイスターズ:平良選手


→まだ見たことないですが、昨シーズンは5勝を挙げてますね。今シーズンは飛躍の年にしてほしいです。ちばりよー。

 

 

 

横浜DeNAベイスターズ:嶺井選手


→昨シーズン自己最多の91試合に出場。昨年オリックスから伊藤選手が移籍したことにより競争は激化しています。持ち味の強気なリード+熱いハートに加えてもう少し打てるようになるとスタメン獲れます。ちばりよー。

 

 

 

横浜DeNAベイスターズ:神里選手


→去年はルーキーながら86試合に出場し、今年は1番スタメンを勝ち取っています。桑原・梶谷・筒香といった強力外野陣の中に割って入った選手です。かなりのポテンシャルがあるでしょう。今年は飛躍の年になりそうです。ちばりよー。

 

 

セリーグ総勢6名

 

セ・パ合わせて16名!

 

 

後輩よ頑張っとるな。。。わしも1軍目指して頑張るぞ。。。

 

今シーズンは沖縄勢に期待でっせ。

 

ではでは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です