安楽死をしたいと思う今日この頃。海外だとできるらしい。


こんばんは。

 

私は現在31歳です。

 

歳を取ったものです。実感は全然ないですが大学生をみると若く感じるということは
それだけおっさんになったということでしょう。

 

私が歳を取ったということは、その分おじいちゃんやおばあちゃんや親戚のおじさんおばさんも歳を取り、亡くなったり、老化がはじまったりしています。
誰にでも訪れることですが・・・・

 

ボケたくねぇ

歩けなくなりたくねぇ

介護されたくねぇ

 

 

と強く思います。マジで。
親子の介護ドキュメンタリー番組等を観てるとき、私はすごい顔して観てると思います。

 

なので安楽死を真剣に考えて、ググってみました。

わかりやすかったのが、プレジデントオンラインの記事です。

興味ある方はぜひ読んでみてください。

安楽死を遂げるまで

 

抜粋すると

・外国人が安楽死できるのはスイスだけ

・約150万~200万が相場

・安楽死を望む理由を説明するための語学力(英語)

病気でかなり苦しい状態だったり、それなりの理由がいるそうです。

できればそうなる前に死にたいもんですが。。

 

とか言ってますが、いざ死ぬとなると躊躇すると思います笑

 

外国人が安楽死できるのは今はスイスだけですが、もっと増えてくると思います。
ほとんどの国が高齢化社会になり、死についての考えも多様化するはず。
今後の法律・制度がどうなっていくのか楽しみです。

まずは英語を勉強しなくては・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です