これだけは読んでほしい。うだつが上がらない小説といえば、奥田英朗の「最悪」「邪魔」「無理」がオススメでっせ。


どうも、ひさおです。

 

皆さん小説読んでますか?

 

私は小説好きです。特に奥田英朗の作品が大好きです。

 

作品によってジャンルが違い、ユーモアのある作品(伊良部先生シリーズが代表的)から

 

サスペンス?(ナオミとカナコという作品です)まで、楽しめます。

 

そんな奥田英朗ファンの私が今回オススメするのが

 

「最悪」「 邪魔」「無理」のうだつが上がらないシリーズです。

 

ちなみにうだつが上がらないとは

→仕事でなかなか出世しない

→地位がなかなか上がらない

→幸せになれない

といったことを指しています。今回オススメする小説になぜこの表現を使ったかということ、作品に出てくる登場人物が誰も幸せにならない、なれないからです。ハッピーエンドとは真逆な作品です。笑

 

ではそれぞれ作品の、みどころとあらすじを紹介していきます。

ネタバレありなのでキリのいいところで読むのやめて、小説買ってくださいね笑

 

 

「最悪」

 

 

 

主要な人物は下記の3人です。

町の鉄工所社長:川谷信次郎(46歳)

銀行員:藤崎みどり(23歳)

不良少年:野村和也(20歳)

 

 

 

それぞれ悩みを抱えており、クライマックスでそれぞれの悩みが繋がる?ぶつかる?

 

 

川谷信次郎の悩み

【騒音問題でクレームを受ける】

→元々川谷の鉄工所があったところに、マンションが建ち始め、その住人から騒音の苦情を受ける。いわゆるクレーマー。これが非常にタチの悪いクレーマーで。。エリート外資系商社マンで頭ごなしに怒鳴るのではなく、ロジックで攻めてくるタイプ。川谷は人情派タイプで口が上手でない。物申すことが苦手なため、どんどんエリートクレーマーに追い詰められていきます。。川谷頑張れ!ってなります。そんで川谷頭を抱えます。

 

 

【仲の良い取引先から勧められた設備投資】

→3人程度で経営している鉄工所には少々背伸びした設備投資を勧められる。ただこの設備投資を実現すれば、大きな業績UPが見込める。大口の取引先でなじみの担当者からの提案ということもあり、無下にはできない。。しかしこの投資話にはウラがあった・・善意の提案かと思いきや・・人って怖いですね。川谷頭を抱えます。

 

 

藤崎みどりの悩み

【上司のセクハラ】

→銀行特有の閉塞感に嫌気が指しているころに、毎年ゴールデンウイークの二日間を使って行われる「新歓キャンプ」の案内が。参加せざるを得ない、任意参加の行事で酔った上司にセクハラをされる。それが行内で大きな問題へと発展・・私の前職時代は、決起大会や、全社あげての運動会があったのでそれとイメージ重ねてました。みどり頭を抱えます。

 

 

【無下にできないVIP客の老人】

→定年もとっくに過ぎやることがないため、毎日銀行に来る老人。そんな老人に気に入られてしまい、振り回されてしまう・・みどり頭を抱えます。

 

 

野村和也の悩み

【ヤクザに追い込まれる】

→17歳で住み込みの土木作業員として働きはじめるも、すぐに辞めてしまい、職を転々とする。食っていくためにカツアゲをするように。そこから悪の道へと進み、ある仲間と盗みを働くようになる。しかしヤクザにハメられ・・うわっきっつーってなります。ヤクザこわってなります。和也頭を抱えます。

 

 

うーん何ともやりきれない。

 

まさに最悪ですな。

 

3人別々の悩みがクライマックスで融合して爆発します。最後はめちゃくちゃです。

 

ぜひ読んでみてください。

 

 

 

 

では次の作品へ。

 
 

「邪魔」

 
 

 
 

主要な人物は下記の3人です。

妻を事故で亡くした刑事。:九野(36歳)

久野に内偵調査をされる刑事:花村(40代?)

一般的な家庭の主婦でありパートタイマー:及川恭子(34歳)

 
 
 

九野の悩み

【花村の調査】

→上長への問題発言や、同じ署内で婦警と関係を持ったり問題山積みの刑事、花村の内偵調査を命じられる。そしてすぐ花村にバレる笑。実は関係を持った婦警の美穂は九野の元カノ。それもあり、花村の嫉妬、属する組織に調査されるという不信感から、矛先が九野へ向かう。。花村がマジで強そうな男で、しかもどんどん狂っていくので九野っちほんと可哀相です。。

 
 

【義母の存在】

→亡くなった妻は一人娘で、旦那にも先立たれ、一人で八王子に住む義母。そんな義母を心配して九野は電話したり、出向いたり。いい義理息子なんです。。ただそんな義母が・・・そんな・・・

 

 

花村の悩み

【警察に内定調査され、恋人の美穂には・・】

→やんちゃな刑事なので、内偵調査をかけられます。そんな警察に嫌気が指し、退職して美穂と暮らす計画を立てるも、あれやこれやでなかなか上手く行かず・・こいつはヤクザとも繋がってて、なんかもう・ほんと強そうです笑。

 

 

及川の悩み

【夫が放火事件に巻き込まれる・・が・・怪しい】

→サラリーマンの夫と子供二人と東京郊外の建売住宅に住む、スーパーのパートタイマーの恭子。普通の主婦ですな。普通に幸せな生活を送っていたが、夫の勤務先で放火事件があり、夫は巻き込まれ被害者に。しかし調査が進むにつれて夫に疑いが・・・当初は夫を信じていた恭子も、夫の行動や言動に不信感を抱くように。そして過去の些細なウソを思い出します。そうして、幸せな生活が崩れていきます。。恭子はいわゆる手が届きそうで幸薄そうな人妻とイメージしましょう。

 

 

【パートの労働環境をめぐりスーパーと揉める】

→とある日に小室という女から1本の電話が入り、それが始まり。パートの有給休暇を認めるよう待遇改善の訴えを起こす。元々おとなしい女性だった恭子が変わっていく、その展望をお楽しみください。ライバルになるスーパーの経営者もいいキャラしてますよ。そして最後は・・・

 

 

うーん何ともやりきれない。

 

邪魔な人、こと、ばっかりです笑

 

こちらも最後に全員が繋がります。クライマックスをお楽しみに。

 

 

 
 

 
 
そして最後にご紹介するのがこれ
 
 

「無理」

 
 

 
 

主要な人物は閉塞感漂う地方都市で暮らす下記の5人です。

人間不信のバツイチケースワーカー:相原友則(32歳)

都内での大学生活を夢見る女子高生:久保史恵(17歳)

暴走族上がりの悪徳商法会社のサラリーマン。バツイチ子あり。:加藤裕也(23歳)

万引きGメンとして働き、新興宗教にすがる独身女:堀部妙子(48歳)

野望を持つ二代目市議会議員:山本順一(45歳)

 
 
 

相原の悩み

【ケースワーカーという仕事】

→元々出世候補の県庁職員だったが、出向で社会保険事務所でケースワーカーを務めることに。ケースワーカーとは生活保護受給者の自立支援、生活保護を認めるかどうかの判断が主な業務です。相原が仕事で接する人間がほんと無理な人ばっか出てきます笑。つらたんって感じ。やりきれないです。読んでてうわーってなります。

 

 

【偶然見つけた人妻援助交際屋】

→あるケース(生活保護もらってるくせにパチンコいくやつ)を見張ってる時に人妻援助交際屋から営業されます。地方のパチンコ屋って駐車場バカでかいですよね。あーありそう。って思っちゃいます。初めは疑いつつも相原自身バツイチ独身で寂しい男なので、徐々にはまっていきます。。そして。。

 

 

 

史恵の悩み

【地元がつまらない】

→地方都市の閉塞感に辟易している史恵は都内の大学を夢見て予備校に通います。青学とか行きたそうな感じです。自分の通う高校にはバカな男子生徒しかおらず、予備校であう他校の優秀な生徒をみて(慶應ボーイみたいな)さらに辟易します。そんな史恵に急展開が・・・

 

 

 

裕也の悩み

【急に子供を預かることに】

怪しい検査セットを売り込む営業マンでそこそこ成績が伸びてきたころに、元嫁から連絡があり、急に子供を預かることに。子育てなどしたことない裕也は渋々実家を頼ることに。これまで上手くいっていなかった親父と関係性を取り戻していくのですが、まぁこの親父がいいキャラしてます笑笑。

 

 

【尊敬していた先輩がやらかす】

若くして月収100万近く稼ぐやり手の先輩営業マン。彼を尊敬して裕也も頑張っていたのですが、この先輩がやらかします笑。なんつーかとても素直な先輩なんですよね。その素直さが仇となり・・

 

 

妙子の悩み

【順調だった万引きGメンの仕事が・・】

順調でプライドを持って取り組んでいたスーパーの万引きGメンの仕事が、ある組織によってハメられ転落していきます。万引きGメンってTVでよくやってますよね。万引きする人の設定もまたやりきれない感じでいいですよ笑。

 

【信じていた新興宗教】

48歳独身でも寂しさも感じず前向きに生きてこれたのは、この新興宗教に入信していたからだったのですが、のめり込むに連れて教祖・幹部達に不信感を覚え・・・あーやりきれない笑。でも現実でもありそうだから恐い。

 

 

順一の悩み

【市民団体の訴え】

予定通りに進めていた産廃処理施設建設に対して市民団体から訴えが。色んな根回しをして進めていたのに、彼らの出現で思わぬ事態に。色々とメッキが剥がれ落ちていきいます。県議会議員も視野に入れてたのに。。。

 

 

【組んでいた産廃業者がやらかす】

産廃業者ってヤクザが絡んでいる設定が多いですよね。恐らく現実でもあるんでしょうね。。本編もその設定なんですが、そのヤクザまがいの兄弟がやらかします。弟が全然言うこと聞かないんです。読んでてイライラします笑

 

 

いや~無理ですね。ほんと無理。もう無理。って感じです。

 

 

そんでクライマックスは全員集合します。今回ご紹介した3作品の中で一番笑いました。

 

 

ぜひ読んでみてください。

 

 

 
 

 
 
 

 

ざっと紹介しつつ、ネタバレもありつつの紹介でした。

 

 

 

最後まで読んでくれた方に1名限定で、この「最悪」「邪魔」「無理」の3作品を1,000円+郵送費でご提供します。ブログにコメントくださいね。※古本です

 

 

ではでは。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です