【ラーメン】多賀野の土曜日は2時間並ぶのを覚悟しましょう


おはようございます。ひさおです。

 

今週も男が泊まりにきてます。

 

来週も男が泊まりにきます。

 

女の子が泊まりにきて欲しい。と切に願っております。

 

 

さてさて、先日自転車で5分で行けるのに、5年間行く行く詐欺をしてた、

 

ラーメンの名店、【多賀野】へ行ってきました。

ずっと知ってたんですけどね。並ぶと思って尻込みしてたんですよね。

 

 

 

土曜日に行く方は開店前から並ぶことを強くオススメします。

 

 

私は開店から15分後くらいに行きましたが、それでも2時間並びました。

 

ぜひご参考ください。

 

で、

 

先月、セブンルールというTV番組でも特集されてたみたいですね。私はその放送前に行きました。

 

多賀野さんのセブンルールはこちら。

  • 1,すべて自家製で作る
  • 2,お客さんを使って閉店を知らせる
  • 3,食材は近所の店から仕入れる
  • 4,仕込み中は山下達郎を聴く
  • 5,掃除でストレス解消する
  • 6,新メニューは常連客に試食してもらう
  • 7,独立する人しか雇わない

 

 

山下達郎流れてましたわ。エモかった。

 

 

ではここからは2時間並んで黄金のラーメンに辿り着くまでの、私の軌跡を記しておきます。

 

 

お店に到着。

すでにこの行列っぷり。2列になるなんて予想もつきませんでした。



 

 

1時間経過。

ここまできたら意地でした。並んでたけど途中で帰る人も数名いましたね。

気力大事。

髪業って美容室の名前いいな。とか思って並んでました。



 

 

そして約2時間・・・ようやく入店。

2015年にはミシュランガイドにビブグルマンのカテゴリーで掲載。

その後、2018年版まで4年連続掲載されたとのこと。

 

 

※ビブグルマンとは



グルメ情報のガイドブックとして知られる「ミシュランガイド」に導入された評価指標。従来の星(三つ星、二つ星、一つ星)の評価からは外れるものの、安くてオススメできる店舗に与えられる印である。

ビブグルマン(Bib Gourmand)の「Gourmand」はフランス語で欲張り・食いしん坊といった意味、Bibはミシュランのマスコットキャラクターであるビバンダム(Bibendum)の愛称に由来するという。ビブグルマン印の店舗には、ビバンダムの顔をあしらったマークが付けられる。

ミシュランガイドでは、レストランの評価を星の数によって格付けしている。その位置づけは下記のようである。

・三つ星:そのために旅行する価値がある卓越した料理
・二つ星:遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理
・一つ星:そのカテゴリーで特に美味しい料理

これに対してビブグルマンは次のように案内されている。

・5,000円以下(サービス料、席料含む)で食事ができる、おすすめレストラン

すなわち、ビブグルマンはミシュランガイドにおける「安くてコスパのよいオススメの店」といった位置づけといえる。

首都圏を対象とする「ミシュランガイド東京」では、2015年版でビブグルマンが初めて登場している。



引用元:https://www.weblio.jp/content/ビブグルマン

 

勉強になりましたね。

 



 

 

そしてようやく辿り着きました。

 

煮干しがメインのスープで作った、醤油ラーメンです。

 

あっさりしてる中にもコクがある。麺とも絡む。

 

山下達郎のBGMと共に食す醤油ラーメン最高でした。

 

 

 



皆さんもぜひ行ってみてください。

土曜日は激込みなので、開店30分前から並ぶことをオススメします。

平日が狙い目かもね。

あーラーメン食いてー!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です