普通の営業マンが紹介する【成果が出るテクニック】。それはクイックレスポンス!


今日も一日お疲れ様です!

 

普通レベル営業マンのひさおです。

 

新卒一社目の不動産土地活用の営業でボコボコにされ、現在Web制作会社でなんとか普通レベルの営業として貢献させていただいております。

 

させていただきます。って表現なんかウケるよね。なにそれって感じ。

 

 

土地活用営業の内容はこの記事覗いてみてね。

 

【土地活用コンサルティング営業とは】経験者が教えます~

 

 

巷でよくある「これで成果が上がる!売上NO1営業マンが教える営業テクニック」

 

 

はもう見飽きましたよね?

 

たまには普通レベル営業マンのテクニックも聞きたいですよね?

 

 

良かったです(>_<)

 

 

ではご紹介します。

 

シンプルにこれだけやれば、普通レベルよりちょっと上にいけると思います。

 

それは・・・

 

 

クイックレスポンス!!

 

 

ごめんなさい。定番で。

 

でもこれは知識も経験もテクニックもいらない、 最も身近でかつ有効な営業テクニック です。

 

 

ではこの クイックレスポンスで得られる効果 をご説明します。

 

 

クライアントからの信頼を得ることができる

クライアントからの信頼、大事ですね。仕事はあくまでも人と人。特に営業は人間関係が非常に大事です。

 

すごい提案ができなくても、返信が早いだけで「お、この人は俺の相談事にすぐ取り掛かってくれるな。構ってくれてるな」って思うんですね。

 

その積み重ねが信頼を生むのです。

返信が早いだけで、「親身になってくれる」と思うんですね。

これはデカいですよ。

 

 

 

仕事がデキると錯覚させる

錯覚というと語弊があるかもですが、例えば新入社員だったり、転職したばっかで知識・経験に乏しい状況でも、返信が早いだけで「お、この人返信早いし仕事もできそうだな」ってなるんですね。

クイックレスポンスでどんどん錯覚させちゃいましょう!

 

 

 

案件をこなすスピードが早くなる

クイックレスポンスで仕事も早くスムーズに進みます。「確認します」とか言ってる場合じゃないですよ。案件をたくさんこなすことができ、売上UPが見込めますね。

質も大事ですが量もこなさないと営業マンの未来はありません。

 

 

 

意思決定が早くなる

クイックレスポンスをするには自ずと意思決定のスピードを上げる必要があります。

ではここで意思決定を早くする方程式を教えましょう。

 

それは

 

 

「AかBか。だめならCか。」

 

です。これに当てはめるといいでしょう。

 

例に当てはめてみます。

 

クライアント
ひさおさんとてもいい提案だったよ。ぜひともお願いしたいんだが少し予算をオーバーしてるんだ。何とかならないかね?

 

ひさお
心の声・・(なるほど。A:お値引きで対応、B:要件を削って予算内に収める、C:値引きはしない)承知しました。では値引きします!

 

クライアント
おお!早い意思決定に加え、私の意向を汲んでくれた!ありがとう。ひさおにお願いするよ

 

ひさお
あざまーす!

 

 

つってね!こんな感じっすね!

 

いかがでしたか?

 

私も普通レベルからスーパーできるマンになって、社長になってたくさん稼ぎますので、一緒に頑張りましょう!

 

ではまずtinderでマッチングした、相手へのクイックレスポンスを第一に取り組んでまいります!

 

ひゃー!

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です