コロナウイルスの恐ろしさは無症状期間。対応すべきことは外出自粛。そして外出自粛。


大事なことなので2回言いました。こんばんは。ひさおです。

コロナウイルスによる自粛要請で、ひたすら自宅にこもってるにも関わらず全くブログを
更新しなかった俺は懲役刑でしょう。頑張れ俺。

 

さて今回のテーマは今世界中を揺るがしている コロナウイルス についてです。

 

 

誰もここまで大きく広がり、問題になることは予想できなかったことでしょう。

 

 

そんな私も同じく、2020年1月当初は中国武漢で流行っただけのよくある感染症だと思ってました。

 

 

SARSとかMERSとか。こいつらは日本ではそこまで流行しなかったので、そのレベルくらいかと。

 

 

しかしレベルが違いましたね。

 

 

1月末に中華街に友人と遊びに行き、「コロナ感染したらやべーなー。」と気楽なもんでした。

 

 

そんな時が遠い昔のように感じます。

 

 

なんでもない日常がこんなすぐに無くなってしまうとは思いもしませんでした。

 

・・・

・・・

・・・

・・・

 

2020年3月30日現在、日本の感染者数は1,965人(うち東京が443人)。

 

ソースはこちら。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200330/k10012357091000.html

 

 

日本の全人口約1.2億人のうち感染者の割合は 0.0016375%。  

 

 

たったこんだけかい。って感じですね。

 

 

ただ、「たったこんだけなのに、この影響度」ととも考えることができます。

 

 

コロナウイルスの一番厄介なところ

 

 

感染していても無症状の期間がある

 

※ずっと発症しない(症状が出ない)人もいるそうです

 

 

 

ここです。こいつは厄介です。そしてとても良く出来ています。

 

 

・ウイルスが生きていくためには、より多くの人間に入り込んでいくことが必要となる。(動物へも同様)

 

 

・そのためにはウイルスを持った人(保菌者)に動き回ってもらう必要がある。

 

 

その点に関して、「感染しても無症状」というのはとても都合が良いです。

※味覚や嗅覚の異常だけのパターンも都合がいいですね。身体は元気ですから出歩いてしまいます

 

 

ウイルス目線でいうと高熱が出て寝込まれてしまったり、すぐ死なれてしまうと困るわけです。

 

 

広めてもらえないから。

 

※ハンターハンターでネテロがメルエムを倒す時に使ったミニチュアローズを思い出してしまった

 

 

 

人間も動物もそうですが、生物は種を増やすことが本能としてあります。

 

 

コロナウイルスも生物です。となると種を増やすことがこいつらの生きる目的なのです。

 

 

種を増やすことに特化した生物といっていいかもしれません。

 

 

よく出来過ぎてて、ウイルス発生の一つの説にある、中国武漢にある「生物兵器研究所から漏れた説」があり得ると思ってしまいます。

 

 

資本主義経済が世界の主流であり「経済」をストップさせられることが、極端ですが人の生死よりダメージが大きいとされる時代です。

 

 

そこを狙ってウイルス作ったんじゃねーの?

 

 

ってぐらい効果的。

 

 

そんなコロナウイルスにどう立ち向かうか。

 

・・・

・・・

・・・

・・・

 

コロナウイルスの対策法

 

大きく分けて二通りと言われています。

 

 

【ワクチン接種】

これがあれば一番良いですね。ただ今はワクチンがないのです。

 

開発中ですが早くても1年~1年半はかかるとのこと。

 

本当に開発できるかもわからない状況なので、首を長くして待つしかないですな。

 

 

 

【集団免疫を獲得する】

6~70%ぐらいの人が感染すれば免疫がついて感染しにくくなるので、徐々に感染者は減っていく。

 

というやつ。

 

ワクチンが出来るまでは結局これしかないっぽいです。日本も実践してますね。

 

 

しかし、

 

「よしOK!じゃあ感染覚悟で自粛やめて通常通りの生活しよう!そんで集団免疫獲得しようぜ!」

 

 

これをやると、感染者が急激に増え医療崩壊を起こし、十分な医療を受けることができずより多くの人が死んでしまいます。

集団免疫を獲得するのは早いと思うので、コロナ収束も早そうですが。

 

 

なので外出自粛を行って、感染者が急激に増えないようにしているのです。感染するとしても

少しずつ感染するように。できればあるエリアで抑え込めるといいですね。関東とか。

 

 

なので、今私達がすべきことは

 

ここまで読んでいただいた方にはもう嫌というほど伝わってますね。

 

 

 

外出自粛!家にいること!

 

 

 

これに尽きるのです。

 

そんな私も理解が浅かったときには東京がロックダウンされる前に地元に逃げようかと思ってました。

 

感染者がまだ数名しかいない地元は、まだそこまで強い自粛要請は出ておらず、観光客の激減や多少の自粛ムードはありますがまだまだ緩い様子です。SNSには毎日飲み会の様子がUPされてます。

 

これを見て地元最高じゃん!と。思ってしまった私。

 

危なかったです。。

 

感染者がまだ数名で収まってる沖縄にコロナを持ち込むことになり

 

飲み会で友達に移し、実家で高齢の両親に移すというコロナが描く最高のシナリオを実現するところでした。

 

 

東京から地元や地方へ避難しようと考えている人、絶対にやめよう。コロナのシナリオ通りになってしまう。

 

家にいましょう。

 

東京以外の方も、家にいましょう。今はまだ感染者は少ないかもしれません。でも家にいましょう。

 

 

 

サッカーの本田選手がツイートしてたこの記事、参考になるので読んでみてください。

 

 

 

 

 

・・・

・・・

・・・

・・・

 

少し話は逸れますが、飲食・イベント関係に従事している方はとても厳しい状況だと思います。

 

店を開けたり、イベントを開催すれば「自粛しろ」、店を閉める・イベント中止だと収入がない。

 

国が強制的に営業停止にして、その分の保証は負担する。がシンプルかつ最適解だと思われますが、どうやら日本にはこのような法律がない様子(多分ね)。

 

法律を新たに作るのか、それとも別の方法で対応するのか、いずれにせよスピード感が求められる局面です。

 

・・・

・・・

・・・

・・・

 

 

我々は今できることをやるしかない。

 

それが自粛です。

 

めっちゃ不本意だけど、これ今年の流行語なるんでねーの

 

明日も今できることをやりましょう。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です